SHAQSHINE

「JAPAN TECHNOLOGYが追い求めるもの」

SHAQSHINEにJAPAN TECHNOLOGYが求めたもの、それは「JAPAN TECHNOLOGYらしさ」です。
このSHAQSHINEには目ではほぼわかりませんがボディに指を当てると感じる振動(ブレ)があります。
使用には全く問題ないレベルです。
ただ、一般的にはBグレード品に値するでしょう。
実はほんのわずかな形状変更でこの振動を取り除く事ができます。
既にその形状も確立しています。
ただし、その振動を改善した形状のモデルを世に送り出してもJAPAN TECHNOLOGYから新たにバイメタルモデルをリリースする意味がないと考えています。
JAPAN TECHNOLOGYらしさが出ず、他のバイメタルモデルとの差も出ていないからです。
今の形状や重量バランスが重要なのです。
製作工場は振動のないモデルを量産するよう私達に勧めました。
当然の事だと思います。
しかし、私達は振動のあるモデルの量産を指示しました。
このSHAQSHINEに自信があるからです。
SHAQSHINEはステンレスリムの意味を考え、それを生かす事に重点を置いています。
ステンレスリムに接するベースボディの厚さは0.4mmしかありません。
その分、ステンレス部を厚くして強力な回転力を確保しています。
ベースボディを生かすためのリムの幅や形状、配置位置にも注目して下さい。
全てが合わさった時にJAPAN TECHNOLOGYらしい使用感と操作性が生まれるのです。
このモデルは皆様に向けたJAPAN TECHNOLOGYからのメッセージです。
JAPAN TECHNOLOGYだから成せる世界基準の本格競技バイメタルヨーヨーを目指しJAPAN TECHNOLOGYらしい、攻めた製品を追求していくべきなのか。
単にステンレスリムが搭載された精度のあるJAPAN TECHNOLOGYブランドのバイメタルモデルであれば特徴の無いどんなものでも良いのか。
よく「JAPAN TECHNOLOGYも早くバイメタルヨーヨーを作って下さい。」と声をかけて頂きます。
これは皆様がどちらをJAPAN TECHNOLOGYに期待しての事なのか。
後者を選ぶのであれば私達はバイメタルモデルの開発を中止します。JAPN TECHNOLOGYは常に攻めの姿勢を持ち「革命を起こす」というコンセプトでやってきたからです。
もし、「JAPAN TECHNOLOGYらしさ」に期待して頂けるのであれば私達はその両立を追い求めこれからも「JAPAN TECHNOLOGYだからできる事」に挑戦し続けたいと思います。
今回、現状のJAPAN TECHNOLOGYが作る事のできる「最高のバイメタルモデル」を皆様に試して頂きたくJapan National Yo-Yo Contestでの数量限定販売を決定致しました。
Japan National Yo-Yo Contest のJAPAN TECHNOLOGYブースにSHAQSHINEのサンプルをご用意致しますので是非、試して頂き意見をお聞かせ下さい。
皆様からの意見をもとに今後、性能と精度が両立したJAPAN TECHNOLOGYらしいバイメタルヨーヨーが完成した時には再び「SHAQSHINE」という名で正式リリースしたいと思っております。
皆様、どうぞ宜しくお願い致します。

"What JAPAN TECHNOLOGY pursues"

What JAPAN TECHNOLOGY pursued in SHAQSHINE was "JAPAN TECHNOLOGY-style".
When you touch SHAQSHINE while spinning, you can feel its vibration. You cannot see the vibration and there are no problems when using it, but it may be typically considered as Grade B.
It can actually be fixed just by slightly changing the shape.
We have already established the shape.
However, if we fix the shape, there will be no meaning in releasing the new bimetal Yo-Yo from JAPAN TECHNOLOGY because it will be just like other bimetal Yo-Yos.
The current shape and weight is the important part of this Yo-Yo.
The factory suggested us to mass-produce models without vibration.
We understand that.
However, JAPAN TECHNOLOGY asked to produce the model as it is because we are truly confident in SHAQSHINE.
We made SHAQSHINE with a stainless rim.
Only 0.4mm of the base body will touch the stainless rim.
We made it possible to keep the spinning force strong by making the stainless part thick.
Please notice the rim's width, form, and positioning as well.
When all of those get together, it brings "JAPAN TECHNOLOGY-style" usability and operability.
This is a message from JAPAN TECHNOLOGY to all of you.
Which do you want JAPAN TECHNOLOGY to do?
JAPAN TECHNOLOGY should produce real "JAPAN TECHNOLOGY-style" bimetal Yo-Yos.
Or
Any bimetal Yo-Yos with a stainless rim from JAPAN TECHNOLOGY are ok.
If you choose the second one, we will stop developing bimetal models.
If you demand " JAPAN TECHNOLOGY-style", we will keep trying to do what only JAPAN TECHNOLOGY can do.
We made a decision to sell "the best bimetal model" that JAPAN TECHNOLOGY can currently make, but it's limited in quantity.
We will have samples ready at the JAPAN TECHNOLOGY booth at the Japan National Yo-Yo Contest. Please try them and tell us what you think.
Based on the suggestions, we will recreate "JAPAN TECHNOLOGY-style" bimetal Yo-Yos with both high performance ability and accuracy. We will officially release "SHAQSHINE" when it is completed.
Thank you for your understanding and support.

Spec

Diameter 56.8mm
Width 42.0mm
Weight 64.8g
Price ¥19800